10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムSeedとDestnyの違い①

えーっと・・・・今日はちょっと時間があるので、先に感想じゃない方から語らせて頂きます☆
何を語るかって、ず~っと前から感じてた"種と運命"の違いでしょうかねぇ^^;
スミマセン、何分アバウト人間なので、いつ何を語り出すか分からないものでして;;


そして本題なんですが。
正直言って私は種の方が好きです・・・ね。
あ、主人公がキラじゃなくなったからーっていうのはほとんどないんですけど(ほとんど?:笑)
何と言うか・・・前回はストーリーとして最終的な目的が私にとって分かりやすかったんですよ。
例えば"アスランと再び戦うことなく再会する"とか"戦争を終わらすためには連合軍の核、ザフトのジェネシスを撃たないといけない"とか。
特にアスランとキラの関係は"戦争"という状況下の"友であり敵である存在"について考えさせられましたし。
キラの"最強のコーディネーター"と言われ続ける苦悶の日々をどう自分で乗り切るか・・・・・
そこんとこも見てて感じるものはいっぱいありました。
けど、運命の場合、そういう最終的に出したい答えというか・・・先が何にも見えてこない(汗)
もちろん私が未熟だということもあるんですが;;
恐らく今回のギル議長が最もなことを言ってくれるから惑わされてるのかも(笑)
キラ達の言う"止めなきゃ"っていう理由もなんとなーく分かるのですが、未だに"え?何で議長のやり方にそんなに反対してるの?"って思ってる自分もいます。
あ、ギル議長自体は相当嫌いなんですけどね、私(笑)
今、早くも37話を迎えましたが、うーん・・・・・・まどろっこしいなぁ(--;)
分からない分、どんなことが起きても「あ、そうなんだ」ぐらいの感想がもてないときもあるので;;
それに比べ種の時は「こうしてこうしたら、戦争が終わるのに!」とか「ここでこうなってたらアスランとキラは同じ道を見つけられたかもしれないのに!」等の、最終目的に対する願いとか感想とかが山ほど出てきて(汗)
そう考えると"種"と"運命"に対する感じ方、かなり違うな~と。

あ!!それともう1つ。
これはキャラクターについてなんですが、主人公なのにダークな面持ち過ぎってとこにビックリΣ(=□=)
キラやアスランが清純派だったからでしょうか(笑)
この2人が同時に本気で怒ったのってアスランがトールを撃った時ぐらいじゃないかな;;
まぁシンの場合"怒れる瞳を持つ少年"という別名(?)まで付けられちゃったからしょうがないのかもしれないけど。
あとはミネルバ艦&ザフトの皆様。
・・・・・・・・・何か冷たい、冷たいよぅ(涙)
っというかずばっ!ずばっ!って言う人(特に女の子)が多いからかな。
特によそ者には(笑)
アークエンジェルも実はこんな雰囲気だったの・・・・・?ってちょっとびっくりしました。
うーん・・・・私の中で主人公=その話の正しい道へ行くもの・優しい雰囲気、みたいなイメージが強いので、今回の"運命"の場合ショックを受けたのかなー?とも思いますが。


でも、相変わらず平山さんの絵大好きです/////
うひーっ///待ち受けなんかにしたらぶっ倒れます/////
(↑家ではわざわざ毎日携帯の壁紙を"アスランとカガリの結婚式"に変えてます:笑)
それと最近よく、携帯の着メロで"深海の孤独"を聞くように。
あの曲、何だか切ないけど力動感を感じる!!
まさに今のアークエンジェルって感じがひしひし伝わってきます☆
あ、でも目覚まし音は「Ignited」だけど(´∀`)
(んなことはどうでもええ)



えっと・・・恐らく"種と運命の違い"についてはまた書くと思います。
取り合えず、第一弾はこれにてv


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

みかん

Author:みかん

懐アニ大好きな隠れヲタクです。
見た目は童顔、趣向は昭和寄り。
アラサー主婦をやっています。

特に愛を注いでいる作品↓
・薄桜鬼(沖千・原千)
・ガンダムSEED
 (アスカガ・双子・キララク…etc)
・らんま1/2(乱あ)
・ヴァンパイア騎士(枢優)
・コードギアス(スザルル)
・RDG(みゆみこ)
・刀剣乱舞
(いちさに、しょくさに、つるさに)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。