10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメージュ11月号より。。

本家サイトの日記で昨日書きましたが、アニメージュ11月号に掲載されていたある記事(・・・というより、インタビュー?)にショックを受けすぎたので(爆)、こちらにちょこっと書きたいと思います。
・・・アスカガさんには、泣ける話です(涙)


ネタバレ注意して下さい!(><)








最終回特集として、シリーズ構成や脚本を担当されている両澤千晶さんのインタビュー記事が、今回掲載されていたんですけど・・。。
ふむふむ。
やっぱり私達視聴者とは、少し違う目線で見てたんだなーっと。
正直共感出来ることもあれば、まったく理解出来ない!っていうのもありました。
それは当たり前だと思うんですよ、人間だし。
違う見方・考え方があってこそ、個人としての価値があるって考えてるので。
・・・・でも!
1つだけ、どーしても「認めたくない!byハロ」なことがあって・・・。。
それは今回の運命の恋愛についてでした。

両澤さん曰く、今回若々しい恋愛をしていたのはシンルナとのこと。
その時点で、「あ、やっぱりシンステじゃなくてシンルナなんだー」と、ちょっと悲しかったんですけど、それ以前に悲しかったのはアスカガについて!





アスカガに関しては「勘違いの恋」・・・なんだそうです。。



えぇ~?!!!!(涙)




か、か、か・・?!!(←言えてない)
勘違いって・・・勘違いって・・・・本当の恋愛じゃなかったってことですか?
しかも「カガリはあまりアスランのこと好きじゃないですよね」って・・・・
ひ、姫に限ってそんなことはないです!絶対!(必死)
だってアスランを助けるためにぎりぎりの時間帯でジェネシスに飛び込んだじゃないですか!命がけで!!
指輪だって1度は外したけど、そのあとはずーっと大事そうに持ってたじゃないですか!!
(・・・・今、あの指輪の行方はどうなってるんだろ・・・・)
アスランのために、何度も何度も泣いたじゃないですか!!!
確かに最終的には代表として、国を取った姫ですけど・・・・でもAAを見送る時に見せたあの涙だって・・・・!(ゼェゼェ)

"勘違い"で済ませられる程の関係じゃないと思うんですよ、絶対。
私がアスカガ好きーだから、そういう見方になってしまうと思われるかもしれないですが、これは例え私がアスカガ好きじゃなくても、そう思いますね。
カガリ役の進藤さんもインタビューで答えてましたが、2人は1つ上の段階に上がったんじゃないかって。
今回の運命のお話は「自分の役割とは何か」というのを問うお話だったみたいですけど、アスランはまさにその問いにずっと悩んでいたんだと思うんです。
カガリを守りたい、けどオーブが大変でカガリも大変な時に自分はオーブには何も出来ない・・・・。
イザークの言う通り、力を必要とされていてその力を持っているなら・・・それが戦争の解決の糸口(=プラントやオーブのためになる)になるなら・・・自分の役割はそこにあるのでは、そう考えた。
けど、実際はそんな簡単なものじゃなかったんですよね。
再び何が本当に正しいのか、自分は何を信じ目指すべきなのか、それを悩むこととなり・・・・・
・・・・この子、本当にハツカネズミですね(笑)
本当はカガリもオーブもプラントも・・・みんな守りたくて、大事にしたくて・・・でも、それに対する自分の役割を見つけられなかったじゃないかなー・・・。。
そしてAAに戻って自分の役割が見えた時、カガリとの一時的な別離(←永遠になんてさせませんから:爆)があった訳ですが、あそこでいつもみたいにずーん・・って沈まなかったのも(笑)、アスランが大人になっただけじゃなくて、役割が見えたからこそ「目指すのは同じものだ」って言えたんだと思います。

カガリにしたって、100%スイッチを切り替えて、国に残りたいとは思わなかったと。
あの涙から分かるように、キラにしろアスランにしろラクスにしろ・・・共に戦う仲間や恋人を戦場に出して、自分は残るってすごい辛いだろうし、アスランのことにしろ、何かしらの"覚悟"は持ったはず。
あの状況下だと、しょうがないんですけどね、姫があぁしなきゃならないのは^^;


私が言いたいのは、勘違いでも中途半端な恋ではないと思うんです。
"勘違い=本気じゃない"という意味ではないですが、2人ともお互いのことを考えて、支えあって・・・・そして答えを出した。
別れたのだって、結局はお互いを思ってこそだと思うし、その気持ちはただの思いやりじゃなくて、列記とした"愛情"だと思うんですよ。
だから、あの2人に未来があると信じたいんです。
だってこのままじゃ・・・・あんまりですよー(号泣)



ちなみに、両澤さんが加えておっしゃってた「2人がくっつくには、カガリが国とアスランをどっちも取って、そしてしっかり見つめ直す。アスランは今のままじゃダメ、支えるだけでなく、カガリと同等の男になれるよう努力がいる」。
これには納得しました。
やっぱり今のままでは絶対難しいと思うんですよ、立場でも気持ちの上でも。
この機会にアスランはもっとカガリに相応しい男になって欲しいなぁ。。
いや、今のままでも十分お似合いだと思うんですが、+アルファで・・・ね^^;
「アスランがプラント最高議長ぐらいになってから、プロポーズしてみては(笑)」
ともおっしゃってましたが、やっぱりそれぐらい努力が必要なんだ、あの子(笑)
でも2回も脱走したのに・・・・なれんのかな、議長なんて(汗)
普通処刑ぐらいの処罰ですもんね、コレ;;
じゃあやっぱりアスカガは・・・・?(T□T)
うん、もうアスランの努力に期待するしかないです、ハイ;



今回めちゃめちゃ長く書きましたが、雑誌を読んだ時にはもっと複雑な心境だったんですよ^^;
鈴村さんのインタビュー内容もちょっと気になったし(汗)
うーん・・・製作側と伝えられる側。
その温度差って結構あるのかなって、ちょっと思ったりもしたし。。
感じるのは人それぞれ違うからこそ、アニメや漫画という作品はおもしろい!っていうのはあると思うんですがね^^;


あ、ちなみに今回のアニメージュ11月号の付録、運命トランプは最高でした(笑)



スポンサーサイト

theme : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
genre : アニメ・コミック

Secret

プロフィール

みかん

Author:みかん

懐アニ大好きな隠れヲタクです。
見た目は童顔、趣向は昭和寄り。
アラサー主婦をやっています。

特に愛を注いでいる作品↓
・薄桜鬼(沖千・原千)
・ガンダムSEED
 (アスカガ・双子・キララク…etc)
・らんま1/2(乱あ)
・ヴァンパイア騎士(枢優)
・コードギアス(スザルル)
・RDG(みゆみこ)
・刀剣乱舞
(いちさに、しょくさに、つるさに)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。